起立性調節障害がお薬でなかなか治らない理由

起立性調節障害がお薬でなかなか治らない理由

病院の役割とは??

起立性調節障害を発症されて、まず行くのが病院と思います。


いきなり、整体院や接骨院、カウンセリングなどを利用される方は少数と思います。


起立性調節障害を専門にしている病院は、関西でも少数です。


だから、予約が3~6か月待ちという所が多いです。


病院に行けば、まず、各種検査が行われます。


血液検査、レントゲン、CT、MRI、新起立試験
などを行い、お薬が処方されます。


病院で処方されるお薬は、基本、対症療法です。


朝起きられるようにするために、血圧を上げるお薬


頭痛ならば、頭痛薬


めまいがするなら、めまいを止めるお薬


食欲がないなら、胃薬


お薬が効いたら、その症状は消えます。


ですが、お薬を飲まなくなったら、症状はぶり返します。


永遠にお薬を飲まなくてはいけないことになります。


病院では、起立性調節障害になった原因を探す時間はありません。


患者さんが、沢山おられるので、そんな時間はありません。


問診や検査の結果に基づき、お薬を処方する。


それがお医者さんの役割です。


お薬が効かなければ、違うお薬を処方する。


効きが悪ければ、お薬の量を増やす。


それが、未来永劫続きます。


病院の役割は、お薬を使って、起立性調節障害の症状をコントロールする場所です。


そのことをしっかりと理解する必要があります。

原因と結果の法則

どんな物事にも、原因と結果があります。

例えば、以下の場合はどうでしょうか?

食べすぎて腹痛になり、
下痢で寝込んだ場合


原因➡食べすぎ

結果➡腹痛で下痢になる


下痢になった原因と結果が明白です。


これを起立性調節障害で考えてみましょう。


起立性調節障害になりました。

「朝起きられない」「頭痛」がある。
体調不良で学校に行けない。

原因➡???

結果➡「朝起きられない」「頭痛」


起立性調節障害になった原因は、何ですか?


原因がなければ、起立性調節障害にはなりません。


起立性調節障害は原因不明の病気ではないです。


そこを皆さん、忘れています。


結果(症状)だけを何とかお薬で消しても、

原因をしっかり解明しない限り、
一生、お薬を飲み続けなければなりません。


10~20代の成長期のお子さんに、

お薬を飲み続けることは身体には良いとは思えません。


では、起立性調節障害になる原因は何か?


それをお話ししますね。

起立性調節障害の原因~スマホ・質的栄養不足・コミュニケーション不足~

私は、起立性調節障害の子どもさんを見て、3つの原因があると思います。

スマホのやり過ぎ

糖質の過剰摂取・タンパク質不足

親子のコミュニケーション不足


今から、一つずつ説明していきますね。

スマホのやり過ぎが起立性調節障を引き起こしている?

スマホのやり過ぎで、
首が猫背になり、
ストレートネックになっています。


1日にスマホを4~5時間以上も使用している子どもさんが圧倒的です。


スマホの使用時間は、ご家族で話し合ってくださいとお伝えしています。


夜の〇時~朝の〇時は、
親が管理するというのが一番良いと思います。


ひどい場合、夜通し、
動画を見ているお子さんもおられます。


起立性調節障害を克服したいなら、
スマホをしっかり親が管理するのが大切と思います。

タンパク質不足・糖質過剰摂取が起立性調節障を引き起こしている?

当院では、初回にお子さんの血液検査のデータを持参してくださいとお伝えしています。


また、どのような食事を食べているのかをお聞きします。


起立性調節障害の子どもたちは、
あまり食欲がありません。


だから、お子さんは

「うどん」「お粥」「プリン」
「アイスクリーム」などを食べています。


実は、それが、逆効果です。


「うどん」「お粥」「プリン」などは、糖質です。


糖質ばかりの食生活は、自律神経を大きく乱します。


また、たんぱく質不足も顕著です。


採血データでBUN(尿素窒素)の値が

10以下、10~15の場合、
たんぱく質不足です。


お肉、魚、卵などをのタンパク質を

しっかり取れるようになれば、
元気になっていきます。


起立性調節障害を克服する食生活は、、、

高たんぱく質・低糖質食です。

親子のコミュニケーション不足が起立性調節障を引き起こしている?

最近は、お母さんが働きに出ているので、昔と比べ、親子のコミュニケーション不足が顕著です。


子どもが何を考えているのか?

子どもが何を悩んでいるのか?


当院は、施術の前後でカウンセリングをしますので、
親子関係の見直しのきっかけの場になったらと思います。


親子関係が崩れてしまうと、、、


同じ家の中にいるのに、

Lineで会話をしているご家庭もあります。


毎日3分で良いですので、

家族で話し合うことが必要と思います。

最後に~起立性調節障害は原因不明ではないですよ~

起立性調節障害は、
決して原因不明ではありません。


私は、子どもの生活習慣病だと思います。


運動もあまりせず、

スマホやゲームばかり見て、、、
甘いものばかりを食べて、、、
部屋に閉じ込もり、親と話さない、、、

こんな生活を大人がしていても、
自律神経が乱れてしまいます。


整体で身体を整えて、

生活習慣を見直していけば、
元気になると思います。


病院に行ってもなかなか治らない起立性調節障害でお悩みの方は、是非、ご連絡くださいね。

※免責事項:こちらに掲載された事例やお客様の体験談は、個人の感想や成果によるものであり、万人への効果を保証するものではないことをご理解ください。施術による効果には個人差があります。

お気軽にお問い合わせください。080-9120-4366営業時間:10時~21時

メールでのお問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. 「朝起きられない・学校に行けない・頭痛」でお悩みの方【男子高…

  2. つら~い花粉症を克服する方法

  3. 「朝起きられない・学校に行きにくい・倦怠感」でお悩みの方【男…

  4. 【起立性調節障害】と【うつ状態】について

  5. 「朝起きられない・学校に行けない・頭痛」でお悩みの方【男子高…

  6. 8年振りに飛行機に乗りました!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

院長プロフィール

20

はじめまして。
無痛整体未來堂の伊藤伸一です。
当院は「起立性調節障害専門」の整体院です。
大学生、中高生の方が多数来院されています。
院長自身が、13年間のうつ・不眠を克服し、10種類17錠を断薬した経験があります。
高校3年生の時に、学校に行かない時期もありました。
その経験や自律神経の知識をもとにお客様に最短で起立性調節障害を根本解決してもらうようアドバイスをしています。
趣味は、ガンバ大阪を応援すること、カフェ巡りです。
病院に3か月通院しても改善しない起立性調節障害でお悩みの方は、是非、ご連絡くださいね!