起立性調節障害と雨の関係について

起立性調節障害と雨の関係について

皆さん、こんにちは!

京都は30度超えで、暑すぎます。

春を通り越して、初夏です。

京都の夏は暑すぎます!

さて、起立性調節障害のお子さんは気候に左右される印象を持ちます。

状態が上がってきた方でも、雨がしばらく続くと、また起き上がれなくなってしまうことがよくあります。

健康な方は、起きる時に、交感神経優位になり、起きます。

ですが、起立性調節障害の子どもたちは、副交感神経優位のままで起き上がることができないのです。

雨が続くと、副交感神経優位がさらに強くなります。

大人でも、雨の日は倦怠感が強くて起き上がれない方もいます。

最近は気象病とも言うそうです。

なんでも、病気になるのがなんとなく嫌ですが、、、💦

あと1ヵ月もすると、京都も梅雨に入ると思います。

今、起き上がれないお子さんは、さらに起き上がれなくなる可能性が高くなります。

雨が少ない今のうちに、ある程度まで改善しておく必要がありますね。

起立性調節障害は自律神経の病気です。

交感神経と副交感神経の機能が元通りに回復すれば元気になります。

自律神経の機能はすぐには復活できません。

ある程度時間が必要です。

当院は平均3か月10回は整体を受けることをすすめています。

梅雨に入る前に起立性調節障害でお悩みの方はご連絡くださいね。

それでは、またね~♬♬

関連記事

  1. 8年振りに飛行機に乗りました!

  2. 起立性調節障害(OD)に対してサプリメントは有効なのか⁈

  3. 【起立性調節障害】と【うつ状態】について

  4. 不登校の子供が朝起きられない原因について

  5. 「朝起きられない・頭痛・倦怠感」でお悩みの方【10代女性/高…

  6. 「朝起きられない・学校に行けない・頭痛」でお悩みの方【男子高…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

院長プロフィール

20

はじめまして。
無痛整体未來堂の伊藤伸一です。
当院は「起立性調節障害専門」の整体院です。
大学生、中高生の方が多数来院されています。
院長自身が、13年間のうつ・不眠を克服し、10種類17錠を断薬した経験があります。
高校3年生の時に、学校に行かない時期もありました。
その経験や自律神経の知識をもとにお客様に最短で起立性調節障害を根本解決してもらうようアドバイスをしています。
趣味は、ガンバ大阪を応援すること、カフェ巡りです。
病院に3か月通院しても改善しない起立性調節障害でお悩みの方は、是非、ご連絡くださいね!